IPカメラをiSPY経由で監視・通知・録画で防犯セキュリティ対策 + iSPYの設定とIPカメラの登録・設定方法

さて、デスクワークの作業中、誰かが訪ねてきました。でも手が離せません!
でも楽しみにしている宅配業者の配達だったら……!!と思うと作業を中断するしかありません。誰なのかわからない状態で玄関先に向かいます………。
たったこれだけの事ですが、場合によってはコレだけの事でもなかなか腰が重いもので、そんな状態がしばしばあったっためにIPカメラを導入しました。

私の取った方法は、IPカメラをiSPY Connectに登録し、iSPYからそれぞれのカメラに警告設定します。その設定に従って録画・音声通知・メッセージやメール通知など時間帯やカメラによって設定を変えます。

有料サービスを利用の場合、IFTTTとの連携も可能です。
有料アドオンを購入すると設定の中身もさらに便利になります。
今回はそのiSPYとIPカメラについて紹介します。

iSPYが対応しているIPカメラを購入しました!

IPカメラを購入する前からiSPYを使おうと決めていたので、あらかじめiSPYの対応カメラのメーカーで検索し、お手ごろな値段のカメラを入手しました。
私が選んだのはコレです。

IPカメラ Vstarcam の初期設定を済ませ、IPアドレスをメモします。

初期設定でワイヤレス設定をするのですが、そこで気を付ける事は、このIPカメラは2.4G(802.11 b/g/n)のみ対応です。iPhoneの専用アプリをインストールし、そのアプリからペアリングを行いますが、その際にiPhone側のネットワークも2.4G(802.11 b/g/n)にしておく必要があります。
あとは画面に表示される手順通り進めばペアリング完了です。
その際、IPカメラにIPアドレスがつきましたので、そのアドレスをメモしておきます。

IPカメラのIPアドレスがわからない場合のアドレス取得方法

IPカメラファインダー
IPカメラファインダー

カメラのIPアドレスがわからない場合はIPカメラファインダーというアプリが役立ちます。こちらからダウンロード出来ます。

IPカメラファインダーを開くと現在同一ネットワーク上のIPカメラが一覧表示されます。IPアドレスとポート番号が表示されています。私の場合はネットワークを固定IPに、HTTPポートを80に手動で変えました。ここが変更できない場合、IPカメラのWEB上でも変更することが出来ます。後ほど説明します。

iSPYアプリにさきほどのIPカメラを登録します。

iSPYをダウンロードし、インストールを終えます。PCが64bitの場合は64bit版のiSPYをインストールしましょう。その方がCPU負荷も少なく安定します。
iSPYのウェブ上で、ユーザ登録をします。

メニューバーの『Add (追加)』→『IP Camera』もしくは『IP Camera With Wizard』を選択します。
ウィザードを選択し、ListedからVstarcamや該当カメラのメーカーを選択します。リストにない場合は『Not Listed』→メーカーを手動で入力します。
iSPYのユーザ名とパスワードを入力します。

さきほど取得したIPカメラのIPアドレスとポートを入力し、『Scan Local Network』ボタンを押します。

すると右側にカメラのIPアドレスが表示されるので、それを選択し、『Next』をおします。
対応のビデオソースがスキャンされます。

私の場合はこのビデオソースの設定がうまくいかなくて試行錯誤を繰り返したのですが、同じところでつまづいた場合の対策として以下をお試し下さい。

ビデオソース設定でつまづいた場合の対応策

http://192.168.1.○○

へアクセスします。IPカメラ初期設定で設定したユーザ名(iSPYではありません!)などを入力します。
カメラ設定→ネットワーク設定→基本ネットワーク設定をクリックします。
DHCPサーバからIPアドレスを取得するのチェックを外します。

この画面からポート番号を変更することが出来ます。変更したら、先ほどのIPカメラファインダーで再度確認しましょう。

ONVIFアクセスアドレスをコピーします。
iSPYのビデオソースのONVIFタブを選択します。
iSPYのユーザ名とパスワード、先ほどのONVIFアクセスアドレスをNetwork Address欄に入力し、OKボタンを押します。FFMPEG(H264)のビデオソースが取得され、自動でソースアドレスが入力設定されます。

IPカメラ

IPカメラから映像が表示されます。
※プライバシー保護のためモザイク処理をしています。

iSPY上でアラート通知・録音設定方法

私の場合は有料アドオンを入れています。

興味のある方はデモのお試し版がありますので、まずはそちらを使ってみるといいでしょう。
このアドオンを設定することで、鳥が飛んだ映像だけで通知が来ることがなくなります(笑)!『人』と認識された場合に通知される設定にしました。
iSPY有料版のみの機能であるメール送信通知も、このアドオンを入れることで可能になります。

投稿者: ミスティ

バイオリンが趣味の未亡人です。 動画制作&ウェブサイト制作歴20余年、ゲーム制作好き・Apple製品大好き・ITオタクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です