お湯だけシャンプーにすると頭皮・頭髪が健康になりました!

様々な研究を重ねて巷で売られているシャンプーやリンス、トリートメント類は、確かに洗い上がりは良い香りとサラサラ感があります。

「サッパリ感」「洗った感」を心底実感し、何年も継続して使用しました。

しかしこのことに長年、何の疑いも持たずにリピートしていたことに今では無駄なことをしていたものだと心底実感しています。

シャンプー&リンスを思い切って止めるメリット


お湯だけで洗髪すると、いくつものメリットが指折り浮かんできますが、デメリットは果たして何だろう……。

デメリットはないんです!

断言できます。本当なんです。本気で何かないかと考えてみたものの、デメリットはありません!
ではまずメリットを挙げてみます。

湯シャンにして抜け毛がなくなった。

シャンプーを使っていた頃は、とにかく抜け毛が多かったんです。
特にシャンプーを流す際の抜け毛はひどいもので、髪の毛が長ければ長いほど抜け毛が多く、排水口に抜けた髪の毛がたまりました。

お湯だけの湯シャンにすると抜け毛がなくなり、これは初期から実感出来ました。

シャンプーをやめて『かゆみ』がなくなった。

シャンプーをしてかゆみが出ることってありませんか?

口に出さないだけで、密かにそんな症状に悩む方も多いのではないでしょうか。

かゆみが出たときは、単純に

  • そのシャンプーの種類が合わない
  • シャンプーのすすぎが十分ではない
  • シャンプーの際の洗い方が足りなかった

など、その時も全くシャンプー自体を使うことに疑問を持たず、まったく的外れなことを原因として考えつつ、『シャンプーを使うこと』自体は大前提で疑うこともありませんでした。

しかしシャンプーを2度、3度、複数に渡って何度も洗い直し、その直後にかゆみが現れると、これはもう何かがおかしいと思い始めました。

そもそもシャンプーなどの洗剤には界面活性剤が入っていることは常識であり、『硫酸』を薄めた界面活性剤を、そんな破壊物をデリケートな頭皮に使うと抜け毛は当然、毛穴から有害な成分を入れてしまうことにもなりますよね。

湯シャンに変えた後は、これは初期にすぐ実感は出来なかったものの、徐々にかゆみが出る頻度が減っていったように思います。

ちぢれ毛やくせ毛がツヤツヤの直毛に改善されていきます。

シャンプーを使っていた頃は高価なリンス・トリートメントを使うことに、とてもこだわっていました。
とにかくツヤツヤ・サラサラにするにはシャンプー後のケアをしなければならないと、値段の高価なものはその成分も高価で、それだけ効果も期待できる!
単純にそう思っていました。

全くの的外れな考えでしたが、はい……(笑)。

そもそも香料や防腐剤などの添加物は余計ですよね。
そんなムダなものを使ってどんどん頭皮・頭髪を痛めつけ、さらにプラスアルファの化粧品を売り込もうなんて、利益重視の戦略にはもう乗りません。

頭髪の質は、湯シャンに変えた後はすぐに効果は出ません。
しかし、確実に改善されました。ちぢれ毛やくせ毛も徐々にツヤのある直毛に改善されていきました。

シャンプーを使うと、そこに必要な油まで奪われ、乾燥した状態のような頭髪になります。
必然と体内から大量に油を出そうとします。この油が酸化してフケや臭いの元になるそうです。

シャンプーをやめてお湯だけで洗うと、それまで大量に油を出していた体が、徐々に変化していきます。
人間の代謝状態を本来の自然なサイクルに改善され、油を出すことも少しだけに留められ、お湯だけで十分必要な汚れも落とせるようになります。

湯シャンに変える根本的な目的はその体質の改善です。

シャンプー、リンス、トリートメントを買う必要がなく経済的。

そもそもそれらの有害な消耗品を買うなんて、かつての私自身もそうでしたが、まるで洗脳された奴隷です。

昨今のニッポンですが、反日の日本政府にここまで日本国内を貧乏にさせられ、そんな価値のないものにお金を浪費できるような、そんな余裕はもうありません。

話は逸れましたが、要するに湯シャンに対する体質改善がされたら、その後はお湯だけで十分汚れは落ちます。かつ必要な油分は残り、頭皮防御や毛髪のツヤが保たれます。

湯シャンに移行するために必要な準備段階

長年シャンプー・リンス・トリートメントを使い続けると、それが長ければ長いほど、移行のための準備段階が重要になります。

いきなりお湯だけでシャンプーするなんて、まず無理です。

汚れや必要な油分まで根こそぎ落としていくシャンプーを使い続けると、体はその度に油分を大量分泌してきました。
いきなりお湯だけで洗髪したところで、いきなり体質は変わりません。

まずはリンスをやめることから始めるのが良いようです。

いきなりシャンプーをやめてお湯だけに移行すると、ここまで湯シャンのメリットをお伝えしても、それらとは全く逆の効果に挫折してしまうでしょう。

当初10日〜2週間ほどは、まずリンスを使わないことから始めます。

1日おきのシャンプー、2日おき、3日おき…とシャンプーの使用回数を徐々に減らす。

リンスをまったく使わないことに毛髪が慣れてきたら、次にシャンプーを使わない日を間に入れます。

まずは1日おきのシャンプーですね。
昨日シャンプーしたら、今日は湯シャン。
明日はシャンプーして、しあさっては湯シャン。

徐々にシャンプーを使う回数を減らしていきます。
時々、重曹とクエン酸をまぜた炭酸水で洗髪します。

湯シャンに完全移行できるのは、準備を始めてから2ヶ月〜3ヶ月くらい

個人差はあるものの、完全にお湯だけで洗髪できるようになるのは準備を始めてから2〜3ヶ月くらいかかります。

上記メリットであげた抜け毛は、私の場合はリンスをやめた当初から実感できました。

メリットはあってもデメリットがない湯シャンです。

正しく移行すればそのメリットをすべて実感できます。
私はまだよく分からないのですが、白髪予防の効果もあるそうです。
どなたか白髪予防の効果を実感できた方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

投稿者: ミスティ

バイオリンが趣味の未亡人です。 動画制作&ウェブサイト制作歴20余年、ゲーム制作好き・Apple製品大好き・ITオタクです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です